バストアップクリームに含まれているボルフィリン

MENU

バストアップクリームに含まれるボルフィリン

バストアップに日々励む女子にとってボルフィリンは常識になってきています。まだボルフィリンを知らない貧乳で悩む女子に、ここれ心強い豊胸成分であるボルフィリンについてご紹介したいと思います。

 

ボルフィリンとは?
ボルフィリンは昨今のバストアップ業界で注目を浴びている有効成分です。今までのバストップのアプローチの仕方といえば、女性ホルモンの働きを活性化させることに多くの重きが置かれてきました。しかしボルフィリンはこれまでのバストアップの方法とまったく違うアプローチの仕方で、小さな胸を大きくするのです。ボルフィリンは脂肪組織を分化させ増殖させることでバストを大きくしてくれるのです。弾力もアップして憧れのプルプルなバストに近づけます。

 

 

ボルフィリンの成分
主成分はサルササポゲニンというものです。ハナスゲというユリ科の植物から抽出されております。ボルフィリンは脂肪組織を分化させ増殖させてくれます。しかしそれ以外のも働きがあります。蓄える働きもあるのです。その結果、ボルフィリンを使うことで増えた脂肪は減りにくくもなるのです。
ボルフィリンは、この成分の研究開発をした化粧品会社がつけた名前なので一般の成分名名前ではありません。一般の成分ではハナスゲ根エキスとなります。ボルフィリンという名前を探すのではなく、ハナスゲ根エキスという名前を成分表で探してみましょう。

 

 

ボルフィリンの未来像
ボルフィリンの発見はバストアップ業界に多くの変化をもたらしました。いまや数多くのバストアップクリームは、ボルフィリンが配合されています。ボルフィリンなしでは人気がないといえます。将来的にはバストアップ業界ではバストアップ成分といえばボルフィリンといわれる時代が来るかもしれない、といわれるほど効果的な成分です。女性ホルモンを活発化させるのも、いい方法といえるかもしれません。しかし間接的な方法なのです。一方でボルフィリンは胸の小さな人が悩んでいるバスト自体にアプローチして効果を発揮してくれます。従来の方法よりもより大きな効果が期待できるのです。