腕立て伏せをすると胸は大きくなるのか?

MENU

腕立て伏せをすると胸は大きくなるのか?

腕立て伏せで、バストアップができるということを、
あなたは、知っていましたでしょうか?

 

正確に言うとバスト自体が大きくなるのではなく、
胸の筋肉を鍛えることで胸がきれいに外側に出てきます。

 

それが、結果的にバストアップにつながるのです。

 

また胸の筋肉はバストの土台ですので、
バストが垂れるのを防いでくれます。

 

筋トレはダイエットにも最適ですので、
バストアップもできて一石二鳥です。

 

 

 

バストアップのための腕立て伏せを行う時には、
胸の筋肉で体を持ち上げることを意識しながら行いましょう。

 

腕で体を持ち上げる人がいますが、
それでは腕が鍛えられて胸には効果がありません。

 

背筋をしっかりと伸ばしながら、
息を吐きながら体を上げましょう。

 

降りるときは息を吸いながらゆっくりと行います。

 

 

 

しかし、腕立て伏せができないという女性も、
多くいるのではないでしょうか?

 

また腕立て伏せはしんどいという人もいることでしょう。

 

そのような場合は、膝つき腕立て伏せでもOKです。
毎日継続しながら行うことが大事です。

 

体に負荷をかけすぎないようにしましょう。
徐々に筋肉を鍛えていくことが大切です。

 

 

 

また、隙間時間でもトレーニングはできます。
このときは、壁押し腕立て伏せという方法を使います。

 

壁から一歩だけ離れて立ち、腕立て伏せのように手を壁につけます。
そして、腕立て伏せの要領で、壁を押しながら肘を曲げます。

 

壁からの距離が大きければその分負荷は大きくなります。
この方法ならば、どこででも行えます。

 

筋トレは時間ではなく、回数が大切です。

 

工夫次第で隙間時間を見つけてはトレーニングを行うことで、
無理なくバストアップの運動ができます。

 

自分なりに続けやすい日課をつくり、
日々バストアップに向けてトレーニングをがんばりましょう。

 

 

 

胸の筋肉である大胸筋を鍛えることは、
乳房を美しく支えることになります。

 

強い土台作りができます。
姿勢もバストの大きさに関係する要因です。

 

正しい姿勢をすると、バスとが突き出た形になり
よりきれいで大きなバストになります。

 

乳房と姿勢という2つの面からアプローチできる腕立て伏せは、
バストアップには効果的なのです。